2018年07月18日

2018明治安田生命J1リーグ16節、清水エスパルスーセレッソ大阪戦を見て

 ワールドカップ、ベルギーを応援していたのですが、残念です!
史上初の3位という事でしたが、4年後は今程の守備陣のタレントがいるのだろうか、と考えると2018年が最大のチャンスだったのではないか、と思ってしまいます。

 さて、Jリーグ中断明けの16節。
中断前の15節の川崎戦もその前の湘南戦もきちんと見ていたのですが川崎戦の負け方がショックでブログの投稿もサボってしまいました。
からの、中断明け3-0の素晴らしい勝利!
正直ワールドカップで川崎戦の事を忘れていたので中断してくれてよかったです。

 いい所が多い試合でしたが気になる所もあったのでそこも指摘していきたいと思います。
あと、本日は10番として初めて白崎選手を褒めたいと思います。

 それでは内容へ続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
j66666 at 23:17|PermalinkComments(0)サッカー | 感想

2018年05月06日

2018明治安田生命J1リーグ13節、清水エスパルスーサガン鳥栖戦を見て

 2連敗ですね。
内容、評価は全然違いますが、結果としては痛い数字になってしまいました。
まずは前節広島戦の感想から簡単に。

 内容は結構よかったです。
決定機も作ってました。
でも0-2で負け、解説等でも言われてる通り決定力の差となりました。
でも両チームの選手共プロの選手です。
選手個々の決定力という能力にそんなに差があるとは思えません。
チームとして最後に寄せられてしまう所でシュートさせるかどうか、等の差かな、と思います。
そういう意味で言うとエスパルスの作った決定機というのは皆無だったと思います。
個々、チーム全体としての攻撃でのイマジネーション、ポジション取り、タイミング、パス回し…というものが他チームに比べて劣りすぎていますね。
個々で見ると、やはりシュートを打つタイミング、狙いどころ、動き出し、イマジネーション、シュート前の動作…ポジション取り…能力がやはりチーム全体での攻撃の構築ほどではないにしろ足りてないのかなと思います。
金子選手がそういう面では一番ですね。
 この試合も、本日の鳥栖戦も本当の意味での決定機は1本か2本位だったのではないでしょうか。
そしてそこでもFW個人の能力で外してしまうのでそれでは得点も入るわけありませんね。

 それでは鳥栖戦の感想へ。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
j66666 at 18:12|PermalinkComments(0)サッカー | 感想

2018年04月28日

2018明治安田生命J1リーグ11節、清水エスパルスー柏レイソル戦を見て

 2連勝ですね。
3連敗採集船になった東京戦ではポジティブな試合内容で戦えていたので驚き!とはなりませんが、特に今日の柏戦は試合内容、戦術どうこう、ホームでの久々の勝利、というよりも戦いぶりや選手の表情一つ一つに感動してしまいました。

 それではまず前節の名古屋戦から。
エスパルスもよかったですが、名古屋がひどかったように見えました。
長崎対エスパルスの時のエスパルスと同じ位プレスも弱く、覇気を感じませんでした。
後半ジョー選手が出てきてから攻撃に怖い面が出てきましたが、エスパルスの若手3発で勝利できましたね。
 この試合、松原選手にロングパスで展開をしてスペースに走らせる、という攻撃を数回試みていました。
今までスペース大きく展開して出すという事はしてなかったので攻撃パターンとして入れたのだと思いますが、松原選手のトラップが絶望的すぎて成功はしませんでした。
これをするならもう、松原選手は必死でロングパスのトラップを練習するか、パスの出し手が全ボールにバックスピンをかけてボールが走らない様にしてバウンドしたボールを取らせるか、左サイドバックを違う選手にするしかないと思います。
ただ、このパスが成功したらフリーの状態で松原選手に選択肢を与えられるので、左からいいクロスや、ゴールエリアに侵入したり、と相手にとって怖い攻撃ができるようになるかもしれません。
 そしてこの攻撃が成功せず、あきらめたのか途中から河井選手がゲームメーカーとして躍動していました。
疲労のせいか怪我をしてリズムがつかめていないのか、横浜戦の復帰から石毛選手がゲームを作る事ができなくなっているので、この河井選手の働きというのが3得点奪取、勝利に結びついたと思います。
前回も書きましたが、チームに足りない所をカバーする、本当に頭のいい素晴らしい選手ですね。
本来得意なゲームメーカーという事で、本当に活き活きとしてました。
ワンタッチパスでリズムを作り、ボールキープもいつも通りでき、もし取られてもうまくファウルを誘い…結果2アシストなのでこの試合のベストプレーヤーの一人だと思います。
 クリスラン選手のポストプレーがここ数試合本当にうまくなっていて、もはやテセ選手よりうまいんじゃないか、と思う位です。
 北川選手もよかったです。後述の柏戦感想でも書きますが、名古屋戦から、やっと目を覚ましたか!と思うようなプレ―を見せてくれていますね。
連続得点というのも当然の結果だと思います。
 この試合、ワンタッチのパスが本当に効果的に繋がっていました。
中央でワンタッチで回してサイドへ展開、という教科書通りだけど理想的な攻撃もみれたので、今後プレスの強い相手にもこうしてできるといいとは思いますが、それはやはり難しいですよね。

 それでは柏戦の感想へ。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
j66666 at 23:25|PermalinkComments(0)サッカー | 感想

2018年04月22日

2018明治安田生命J1リーグ9節、清水エスパルスーFC東京戦を見て

 序盤と一転して、不振に陥ってしまいました。
今回で6試合勝ち無し。
見てもつまらないのでしばらくハイライトだけにしようかな、と思ってましたが今節のFC東京戦を見て少し可能性も感じたのでもうしばらくエスパルスのリーグ戦全試合を見る、という事を続けようかと思います。

 まずは8節のレッズ戦を見ての簡単な感想。
全ては松原選手、といっていい試合の印象でした。
相手の若手のサイド選手に全く勝てないまま試合が終わってしまいました。
勝てないなりに最後に疲れさせて足もつらせていたので、最後に勝ってアシストなり得点なりしてくれれば試合を通してのパフォーマンスも帳消しになるのですが、結局最後まで…。

 それではFC東京戦の感想へいきます。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
j66666 at 17:22|PermalinkComments(0)サッカー | 感想

2018年04月11日

2018明治安田生命J1リーグ7節、清水エスパルスーV・ファーレン長崎戦を見て

 ひどい、見たくない試合でしたね。
まあその前に5,6節について簡単に。

 5節、横浜・F・マリノス戦。
0-1で負けてしまいましたがこれに関しては相手がピッチを広く使ってきていて相性の面で厳しい相手だったように思います。
クリスラン選手も見方によっては消えていてダメだった、とは言えますが中澤選手の相手を引き受けていましたので、この試合に関しては私はよくやっていた、と思います。
3列目の飛び出しがないと、この相手には中々得点を取るのは難しいのではないでしょうか。
石毛選手が復帰したばかりで、金子選手が4節まで活躍していたため、金子選手がボールを多く持ち、石毛選手が全然目立ってませんでした。
攻撃にならなかったのはこれも要因だと思います。

 6節、ジュビロ磐田戦。
後半ずっとジュビロペースだったように言われてますが、私が見た所後半開始からしばらくは確かにジュビロに圧倒されてましたが、それ以降は盛り返していたし、いい勝負だったように思います。
立田選手はギレルメ選手にぶち抜かれて以降、多分打つ手ないな、とビビっていたように見えましたが、相手があまりそこをついてこなかったのがラッキーだったかな、という印象です。
こちらの決定機のクオリティも低かったですが、川又選手もチャンスを外してくれて助かりましたね。
試合全部通してみると甲乙つけがたいですが、決定的なチャンスの数、という点だけ見れば確かにジュビロの方が若干多かったのかな、と思います。
この試合は石毛選手が多くボールに絡んでいて、期待させるプレーが多かったです。
あと、竹内選手の展開が素晴らしかった!

 それでは今日のひどい試合に関しての感想です。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
j66666 at 22:41|PermalinkComments(0)サッカー | 感想

2018年03月18日

2018明治安田生命J1リーグ4節、清水エスパルスーベガルタ仙台戦を見て

 好調金子選手!
本日もスーパーゴールでチームを救ってくれました。
仙台DFがクリスラン選手に意識が行ってた事、追い風だったこと、金子選手が普段、ミドルをあまり打たない選手事、早い時間だったこと、と様々な要因が重なって生まれたゴールでしたが、これが決まってなかったら、と思うとぞっとするような試合内容でした。
 それはそうと、前回の札幌戦は、前半は石毛選手がいなくて、やはりその不在を感じさせるような清水にとっては悪い展開、そして後半は石毛選手がいなくなって逆によさが出たような展開だったように思います。
前半、やはり去年の様にデューク選手をサイドハーフで使ってうまくいかなったのを繰り返すかの様にプレーの精度の低さがもろに出て押されてましたが、後半は札幌の攻めにうまく対応したことと、なによりボランチの2選手がこの試合の後半からようやく、攻めの時にもいいポジションを取ってサイドハーフの選手を助けていたので、河井選手のスーパーゴールもありましたが、この点が最大の進化だったように思います。

 そのうえで、本日の仙台戦。
仙台は好調で、本日もずっと攻められていましたが、おそらくは最終的にはうまくいっても中位でシーズンを終えるのでは、というチームだと思います。
そのチームを相手に、負け試合でした。
エスパルスはこれまでに鹿島に引き分け、神戸、札幌に勝ってきていい雰囲気ですが、対戦した相手を見ると手放しには期待できない、と思います。
今日の仙台戦の内容、結果を見てエスパルスは今年強い!と言えるか見ようかと思っていたのですが、残念ながらエスパルスも、このまま修正しないでシーズン通していくのならば、うまくいっても中位で終えると思います。

 本日の仙台戦では致命的な点も見つけてしまいました。
そのことも踏まえて、試合の感想をどうぞ。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
j66666 at 17:40|PermalinkComments(0)サッカー | 感想