2018明治安田生命J1リーグ2節、清水エスパルスーヴィッセル神戸戦を見て2018明治安田生命J1リーグ7節、清水エスパルスーV・ファーレン長崎戦を見て

2018年03月18日

2018明治安田生命J1リーグ4節、清水エスパルスーベガルタ仙台戦を見て

 好調金子選手!
本日もスーパーゴールでチームを救ってくれました。
仙台DFがクリスラン選手に意識が行ってた事、追い風だったこと、金子選手が普段、ミドルをあまり打たない選手事、早い時間だったこと、と様々な要因が重なって生まれたゴールでしたが、これが決まってなかったら、と思うとぞっとするような試合内容でした。
 それはそうと、前回の札幌戦は、前半は石毛選手がいなくて、やはりその不在を感じさせるような清水にとっては悪い展開、そして後半は石毛選手がいなくなって逆によさが出たような展開だったように思います。
前半、やはり去年の様にデューク選手をサイドハーフで使ってうまくいかなったのを繰り返すかの様にプレーの精度の低さがもろに出て押されてましたが、後半は札幌の攻めにうまく対応したことと、なによりボランチの2選手がこの試合の後半からようやく、攻めの時にもいいポジションを取ってサイドハーフの選手を助けていたので、河井選手のスーパーゴールもありましたが、この点が最大の進化だったように思います。

 そのうえで、本日の仙台戦。
仙台は好調で、本日もずっと攻められていましたが、おそらくは最終的にはうまくいっても中位でシーズンを終えるのでは、というチームだと思います。
そのチームを相手に、負け試合でした。
エスパルスはこれまでに鹿島に引き分け、神戸、札幌に勝ってきていい雰囲気ですが、対戦した相手を見ると手放しには期待できない、と思います。
今日の仙台戦の内容、結果を見てエスパルスは今年強い!と言えるか見ようかと思っていたのですが、残念ながらエスパルスも、このまま修正しないでシーズン通していくのならば、うまくいっても中位で終えると思います。

 本日の仙台戦では致命的な点も見つけてしまいました。
そのことも踏まえて、試合の感想をどうぞ。

 今季、エスパルスは相手に持たせて高い位置でパスカット、ボール奪取して素早い切り替えによって攻めていく戦い方をしています。
本日の試合ではパスカットの回数も前回とは比べものにならない位少なかったように思うし、特に後半はうまく仙台のボランチの選手にかわされて、やっと潰して取ってもすぐに取り返されて何度もピンチを招いていました。
 仙台がよく研究していたのかもしれませんが、今日はクリスラン選手のプレーがよくなかったように思います。
精度も、判断も全然でした。
マークしていた選手がうまくクリスラン選手を抑えていたという事もありましたが、それ以前に選手自身の問題のようにも見えました。
前節負った怪我が影響してるのかな…?
ポストプレーのパスも、ほぼ相手にカットされていたので、これが相手にボールを持たれまくった最大の要因だと思います。
 そして致命的な点。
チームの問題ですが、トップの位置からボランチの位置までの距離が遠すぎて、今日なんかは仙台の選手がその間に3選手位いるのに、エスパルスの選手は誰もいないので、クリスラン選手がポストプレーで落そうとしても絶対に相手に引っかかっていました。
今まではクリスラン選手の動きもよく、石毛選手がよく中に絞ってきていたのであまり目立たなかった問題点ですが、今日はクリスラン選手もよくなくて、金子選手もサイド、ディフェンス、前線と動き回っていたのでこの場所がぽっかりと空いて、セカンドボールも全部相手にとられていたし、せっかく前線の選手がボールを持ってもすぐに囲まれてしまって、攻めに転じれていませんでした。
今日エスパルスが攻めた場面は、ボランチからサイドに送って、サイドから…という攻めが殆どだったのではないでしょうか。
 解決策としてはトップ下を置けばいいと思うのですが、今の戦い方がいいので、大きくポジションを崩す必要はなくて、ツートップの片方、クリスラン選手の相棒を1、5列目ではなく2列目において試合をすれば解決しそうな気がします。
ツートップである現在、北川選手の消えてる時間も多く、ターンのうまさ、ワンタッチのうまさを見ると2列目に北川選手を置いても全然問題ないように思います。
もちろん北川選手はフォワードの選手で点を取ってなんぼの選手なので、機を見てクリスラン選手を追い越してもいいと思うし、とにかくツートップの関係を横から縦にすることでトップとボランチの間にある広大なスペースを埋めないと攻守においてこれから研究されて確実に突かれる所だと思います。
現在で、サイド、トップ、ボランチの選手が頑張ってこのスペースにも走りこんでいますが、本日の試合で実証されたように、アクションがあってから走りこむのと、元々いる、のとでは全然違いますね。

 褒める点としては、やはり最後まで相手の思うようにさせない、という所がこういう試合でも出て、大崩しなかった所でしょうか。
ですが、ここが最大の良さであるからこそ、失点シーンは悔しかったです。
これまでの失点は仕方のない失点だったと思いますが、今日の失点は相手のパスに反応できなかった所、相手にキープされた所、跳ね返した後も相手ボールになってしまった所、最後足を出したのに届かなかった所、と3節までのエスパルスならどこかで止めれたのに、と思いながら見てました。
残念ですが、それ以外は決められていないので、仙台も何故こんなに攻めてるのに…という気持ちになったのではないでしょうか。

 もう一つ、悔しかったのは、仙台に移籍していった野津田選手と平岡選手に、今日の内容では移籍してよかったと思われてしまいそうだったので内容はともかく勝ってほしかったのですが、引き分けに終わって、この仙台の勝ち試合では、少なからず仙台でプレーできてよかったと思われそうでその点が非常に悔しかったですね。
もちろん本人たちは試合後にサポーターへの挨拶も来てたし、エスパルスに対するリスペクトが見えたし、そんな風に思ってないのかもしれませんが…。

 これで代表戦の期間に入って少し中断します。
休息を経てクリスラン選手も復活するだろうし、おそらく石毛選手も帰ってきます。
この記事の最初で私は、うまくいってもエスパルスは中位で終わるだろう、と書きましたが、修正がうまくいって、石毛選手、金子選手がフル稼働できれば優勝できるんじゃね?と少しだけ期待もしています。
そもそも去年までは相性悪いチームには確実に負け、下位チーム相手にも勝てるかわからないようなチームでしたからね。
期待は持ってしまいますね。

 それでは個別の評価を。

 六反選手…今節も野津田選手のスーパーフリーキックを止める、スーパーセーブ。
これが無かったら負けていただけに、文字通りの守護神、であると毎試合感心、感謝です。

 ソッコ選手…今日は後半相手がツートップにしてきたこともあって、相手を潰す位置が自分のポジションからほぼ変わらず、自分のポジション以外の所で相手に好き放題されてしまいました。
後半の相手のスルーパスを読んでカットしたシーンはさすが!でした。
 フレイレ選手…手の使い方が危なっかしいですが、今日もよく石原選手を見ていて、毎試合相手のエースを潰す役割をよく全うしています。
失点シーンでも足でシュートをブロックしようと、最後の最後まで諦めない気持ちというのは、本当に素晴らしいと思います。
 立田選手…今日のヘディングの競り合いは、あまり味方に渡りませんでしたが、1対1は本当によく防いでました。
そろそろクロスが成功するシーンが1度位は見たいなぁ、と思うのは高望みでしょうか。
でも繋ぎも確実で、何故立田選手がミス無くできるのに、デューク選手ができないのか…。
 松原選手…守備がうまくなってましたね!
上がるタイミングも良かったと思います。
でも攻めた時はもっと思いっきり切り込んでいっていいと思います。
今年はエリア内に入っていくシーンが1、2回あったかな?という印象です。
サイドで縦に行ってクロスを上げる、というワンパターンが最近目立つので攻めた時は去年を思い出して暴れてほしいです。

 竹内選手…去年までは何だったんだ、という位ミスが無くなっています。
ただそれと同時に大きい展開、サイドチェンジもしなくなってしまった印象があります。
 河井選手…難しいプレーを簡単にやって、うまく繋いだり、本当に欠かせない選手ですね!
金子選手を追い越してサイドに開いたりと、攻めの部分ではいう事なかったと思います。
しかし竹内選手にも言える事ですが、攻撃への比重が札幌戦の後半から増えた分、特に今節では自陣でのセカンドボールを相手に拾われる事が多かったように思います。
もう一度、攻守のバランス、という所も見直す必要があるのかもしれません。
ちなみに相手陣地でのセカンドボールやポストプレーのフォローは前述の致命的な欠点のせいなので、ボランチの選手のせいにするのは酷ですね。
 金子選手…スーパーゴール!の一言に尽きます。
献身的に動いてますが、走行距離で見ると両チーム合わせてトップ3にも入ってません。
タイミング、ポジショニングをうまくこなして、効果的に動けていますね。
これだけ活躍してる選手ですが、1節目は石毛選手の影に隠れていました。
つまり石毛選手がいるエルパルスは…と考えるとやはり期待は膨らみますね。
 デューク選手…相変わらずパスが相手に引っかかる事が多いです。
しかし、だからと言って昨年ほどはこのポジションで悪い、という事はないと思います。
今の戦い方であれば、相手にとられても取り返せばいい訳で、デューク選手の運動量、守備は今の戦い方にバッチリあっています。
パスの成功率の低さを補って有り余る長所です。
ゴール前で自分で持ちこんだシーン。
北川選手へのパスではなく、思いっきり打ってほしかったです。
多分ブロックされてしまうでしょうが、バチコーン!いうシュートを見たいです。

 クリスラン選手…今日ははっきり言って悪かったと思います。
前節足を痛めた事、相手の執拗なマークと要因は様々ありますが、ポストプレーのパスはほぼカットされて、相手へのチェイシングも前節までより少なく、ボールを持って強引にシュートをしてしまっていて判断もよくなかったと思います。
チームもクリスラン選手に頼りすぎですが、この選手が調子悪いとここまでサッカーにならないのでは、いっそ交代してしまった方がよかった気がします。
 北川選手…今日もあまりいい所は見れなかったような気がします。
松原選手からのクロスにもあわせれず、スルーパスがないためでもありますが、抜け出す動きもなく、クリスラン選手のフォローもできていませんでした。
ワンタッチでのパスはうまく味方に渡せていたのでボールに障れば確実に仕事をしてくれるという所は見れましたが…。
ただ、後半見れた松原選手へのパスをする前の、ターンはなめらかでスーパーなプレーでした。
チームがこういう試合でもよくなるには、北川選手のポジションにかかっているかと思うのですが、今日は目立つ事もなく、うまくいきませんでしたね。

 チョンテセ選手…本当に元気がありませんね。
与えられた役割をしっかりやろうとしてるのは見れますが、去年と違って動き回るため、その中でポストプレーをしようとしてそのプレーも失敗ばかりでした。
今日だったらクリスラン選手と交代した方がよかったかもしれませんね。
北川選手の所に楠神選手を入れたら面白かったかもしれません。

 楠神選手…ボールを持った時は、相手の裏を突いたプレーをしたり、シュートまで個でもっていったりと後半唯一といっていい期待を抱かせるプレーヤーでした。
今後が楽しみですが、今日のような試合ではサイドではなくトップで見たいなと思いました。

 ヨンソン監督…前半リードしてる時点で、過去3節よりも危機感を抱いていて、試合を見る目が確かである、という所は示せたと思います。
結果後半ボロボロでした。
交代の仕方が固定されていて、そこの柔軟性が少し見れないのが不安かな、と思います。
トップとボランチの広大なスペースへの対策を早急にお願いしたいです。


 では以上です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
j66666 at 17:40│Comments(0)サッカー | 感想

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
2018明治安田生命J1リーグ2節、清水エスパルスーヴィッセル神戸戦を見て2018明治安田生命J1リーグ7節、清水エスパルスーV・ファーレン長崎戦を見て